読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢ドライバーにも「ナルセペダル」?

f:id:sparklingponta:20161120211823j:plain

こんにちは!スパークリングぽんたです(^_^)

「ナルセペダル」

……って、ご存知でしょうか。

 

正式な商品名は「ワンペダル」。

 

ぽんたは実は、20年近いペーパードライバー期間を経たのち、50代になってから軽自動車を購入したのです。…まぁ運転のオソロシイことと言ったら!(^_^;)

 

ぽんたが免許を取ったのは大学生の頃で、当時、オートマ車は存在しませんでした。(笑)

 

すべての車がマニュアル車

まるで「頭文字D」の峠の走り屋みたいに?老若男女すべてのドライバーが、シフトレバーでギアチェンジしてた時代だったんですよね~。

 

2年前に、初めてオートマ車のドライバーになって思ったのは、

「コッワ!!ほっといても車が勝手に前に進む!!」(゜ロ゜;

……でした。

 

マニュアル車というのは、基本的にドライバーが「ギアをつなぐ」という操作をしなければ車は前に進まないので、

「何もしなくても車が前進する」オートマ車は、今でもけっこう不安。

 

当時から、高齢ドライバーによる「アクセルとブレーキの踏みまちがい事故」は多発していましたし、

どう考えても、自分の運転技能も、まちがいなく高齢ドライバー同様かそれ以下。(^_^;)

 

……なんとかならないの???

と思って真剣に調べてみて、発見したのが「ナルセペダル」でした。

 

「踏み込む」動作は「ブレーキ」のみ。

アクセルは、足首から先を「右方向に倒す」ことで操作します。

 

おお!これを付ければかなり安心!と思い、

付ける気マンマンでした…が、結局は費用で断念。

 

本体価格に加えて、熊本の工場に車を預けて装着してもらうのに、当時で合計13万円くらいかかることがわかったのです。

 

…しかし、こうして後をたたない「踏みまちがい事故」のニュースを見ていると、

 

自動運転の完成を待つより先に、

「ナルセペダル」を、義務化するとか、補助金を出すとかしたほうが早いんじゃないだろうか?

……と思ったりするのですが、

どうなんでしょうねぇ。

 

(画像は、玉野自動車さんホームページよりお借りしました)

blog.livedoor.jp

f:id:sparklingponta:20161018220350j:plain

(^-^)黄昏のアイランドホッパーの世界の旅(^-^)

パワースポット、もののけの森、屋久島♪

屋久島・日本(アジア) - オーダーメイド旅行『めいどの手みやげ』