読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッツエンジョイ!故事ことわざ(^o^)

 f:id:sparklingponta:20160901130252j:plain

こんにちは!スパークリングぽんたです(^_^)

故事ア~ンドことわざを、レッツエンジョイ!(^o^)

 

 

……なんだい、若いの。お前さんも物好きだねぇ。

こんなショボくれたじじいの話を聞きたいのかね。

 

いいからもう少し火鉢に寄りな。

ちっとばっかし、朝晩冷えてきたからな。

 

あっしもねぇ、小僧の時分からこんなだったってわけじゃねぇんだ。

7年前、江戸に吹き荒れた野分……そうそう。あの大風、大嵐よ。

 

あの、お江戸始まって以来、なんて言われた大風で、飛んできたもんに当たって大怪我したってやつはけっこういる。

飛んできた板切れや砂ぼこりで目をやられ、目医者も間に合わず盲や半盲になったやつも多かった。

あっしもそのひとりってわけよ。

 

それまでは通りで店を持ってたんだが、目が見えなくなっちゃあ、おしめえだ。

しょうがねえから、四十の手習いで修行し、三味線弾きになったってわけさ。

 

なんだって?

この三味線に張ってある皮?

最近の若いやつはそんなことも知らねぇのかね。三味線と言やぁ猫だよ。

猫の皮を胴に張ってあんのよ。あっしのは三毛だ。貴重品だぜ。

 

そういやぁ、あの大風のあと、盲や半盲になって三味線弾きになるやつが増えたってんで、

一時期、江戸中の猫が捕られていなくなったって話だったぜ。

 

その話はそれで終わらず、

猫がいなくなったもんで、こんだぁ江戸の町はネズミだらけになっちまったってわけよ。

 

妹の亭主が、同じ通りで桶屋をやってんだが、あの大風のあと、やけに繁盛したらしいぜ。

 

なんでかって?

そりゃあアレよ。ネズミが増えたら、桶をかじりやがんだろ。

それで、修理やら買い替えやらが増えたんだろうな。

 

「風が吹いたら桶屋がもうかる」なんて言いだすやつもいて、笑っちまったぜ。

 

 

おしまい (^-^)

 

f:id:sparklingponta:20160809212600j:plain

(^-^)相棒の世界の旅!美しいフォトギャラリー(^-^)

 ♪謎と伝説の島アンダマン&ニコバル♪

アンダマン&ニコバル諸島 インド - オーダーメイド旅行『めいどの手みやげ』